Cisco7200 Simulator

今回の記事は、Ciscoを知らない人には全く興味が無い記事です。
が、以下の様な人だと非常に参考になるかと思います。

  • 勉強の為に、Ciscoの実機を触りたいがそのような環境に無い人
  • 実機を触れる環境にはあるが、もっと気軽に環境を組みたい人
  • 将来的に、ネットワークSEになりたい人

「Cisco7200 Simulator」をご存じでしょうか?
読んで字のごとく、Cisco7200のハードウェアをエミュレーションしてくれるソフトウェアです。
(ソフト名はシミュレーターですが、やってることはハードウェアのエミュレーターです)
なんと、実際のIOSを使ってPC上で仮想ルータを動作させる事が出来ます。
特徴としては、以下の通り。

  • C7200のみではなく、C2691/3620/3640/3660/3725/3745のエミュレーションが可能
  • 実際のIOSを用いて動作する為、実機とほぼ同じ操作が可能
  • PC上で複数の仮想ルータを動作させ、インターフェース同士を仮想的に接続可能
    それにより、実際にEIGRPやBGP、IP-Sec等の検証をする事が出来る
  • PCのNICと、ルータのインターフェースをマッピングする事が可能
    (PCのNICに実機を接続して、仮想ルータと実機ルータで通信が可能)
  • 仮想Ether-SW,ATM-SW,FR-SWを利用可能

という事で、ルータのスキルアップには非常に有用なツールとなっています。

ただし、実際のIOSが必要な為、それが入手可能な人に使用が限定されます。
また、PCのメモリー及びCPUリソースをそれなりに消費します。
これで、Catalystが動作すればツールだけでCCIE取得も夢じゃない気がするのですが・・・
EIGRP、OSPF、IS-IS、HSRP、IP-Sec等の検証は十分可能なので、無いよりは全然いいですけどね。
最近のPCであれば、Routerを5〜6台は軽く動かす事が可能だと思います。
※CPU使用率抑制(idlepc)と、メモリ使用量を抑制するオプション(Ghost IOS)は必須かな。

詳しい使い方は、以下の場所が非常に参考になります。
検証の為のラボシナリオも多数公開されているので、検証する際にも非常に有用です。

CCstudy Cisco試験応援サイト
※Cisco7200 Simulatorの解説は、上記トップページの下部「ルータ・シミュレータを使う」にあります。

1 Response to “Cisco7200 Simulator”


  1. 1 K.Nishikawa 4月 5th, 2009 at 22:07:11

    I would like to use the Cisco7200simulator.

Leave a Reply