Archive for 3月, 2007

「ソニックと秘密のリング」おもしろい!

Wiiのソフト「ソニックと秘密のリング」買っちゃいました。
ソニックって結構昔からシリーズ化されてて、SEGAの代表作でもあったわけですが、実は今までソニックはやったことなかったりします。
ずっと気になっていたシリーズだったんですが、持っていたハードがSFC、PS、PS2とソニックとは無縁だったのが大きいです。
で、結構前から予約してたんですが、前評判などを読んでいると、結構不安がってる声が多くてこっちまで不安になってしまったりしてました・・・^^;
で、届いてやってみたわけですが・・・
結構楽しいじゃないですか!
最初のチュートリアル的な「ロストストーリー」は結構イライラしましたが、本番が始まってみるとWiiリモコンでの操作がとても楽しいです。
ストーリーをどんどん進めて行くとLvが上がりスキルが増え、スピード感がどんどん増し、それにつれて爽快感もあがっていきます。
覚えゲーなので、確かに詰まってしまうとストレスを感じる部分もありますが、逆に自分がどんどんうまくなる事も実感できる為、なかなかやめられなくなります。
また、やり込み要素も結構あり、ステージのちょっと意地悪な所に配置されているファイアーリングを集めると、オマケミニゲームの要素が増えていったり、各ステージ毎にタイムアタックする事でゴール後ゴールド〜ブロンズまでのメダルがもらえ、それによって隠し要素が増えていったり、100種類のスキルがありそれを揃えて行くと違うゲームとしての楽しみ方がみつかったりと、このソフトでしばらくは遊べそうな感じです。
オススメ!

GTDツール、d3 a “kinkless” GTD systemの良いところ悪いところ

d3を使ってGTD管理を行っているが、他のツールと比較して良いところ、悪いところを整理してみる。
とりあえず、今まで使ってみたツールを参考程度に。

PCアプリ

MyLife Organized(English)
ThinkingRock(English)
TaskPrize(Japanese)

Web/サーバー型

ActiveCollab
GTD-PHP
Tracks

Web/ローカル型

GTD Tiddly Wiki
GTD Style Wiki
Next Action

ちなみに、Remember The Milkに代表されるような共用型のサービスは入れていない。
仕事で使う為、とてもじゃないが情報漏洩が怖すぎて使えない。
で、現在使っているのが「 d3 a “kinkless” GTD system」である。
Tiddly Wikiと同様、PCのローカル環境で使うWiki系ツールだ。
ちなみにCoreはTiddly Wiki。
このツール何が良いかというと、、、

レビュー関係の機能が充実している
毎日のレビュー、週次レビューが非常に行いやすい
上記とも関係してくるが、レビューページのカスタマイズが柔軟に行える
ActionのDoneはチェックボックスをクリックするだけと簡単
ActionからProjectに変更する事が可能
NextActionListでは本当に実行が必要なActionのみ表示される
Projectで管理されているActionは一番最初のActionのみNextActionListには表示されるので、Actionに埋もれてゲンナリ状態になるのを防げる
なお、ProjectでのAction全体を把握したければ、Project Review画面で確認可能
Reminder機能がある
メールとかは送れず、カレンダーにプロットされるだけだが、それでも使いやすい
Contextの変更(@Inbox→@Phone等)が非常に簡単にできる
Actionのドロップダウンメニューから簡単に選べます

逆に悪いところは、、、

同じ名前のActionが作れない
これはWiki系の宿命ではあるが、長く使っていく上では結構邪魔な制約になる
私はAction名の最後に「/yymmdd」を付加して重複を避けている
一応、いつからそのActionが居残っているかの目安にもなる
Action⇔Someday-Maybeのステータス変更が若干やりにくい
Tagを変更しなければならない
しかし、Project⇔Someday-Maybeの変更はワンクリックでできたりする
ん〜オシイ・・・
ActionのNoteを確認するには、一度そのActionを開かなければならない
マウスオーバーで表示されると嬉しい
若干ではあるが、動作が重い

ということで、不満が無いわけでは無いが、現状これを超えるGTDツールを発見できない。
当面はこれを使っていく事になりそうだ。
満足度としては、80%

GTDのアクションリスト項目

色々ツールを試しましたが、どれもイマイチで結局D3を使い続けています。
(D3のメリット、デメリットは追々)
それで、GDTをやっていて最初につまずいたのが、ActionListの分け方。
Contextってやつです。
最初は他のサイトに書かれていた物をそのまま使って、「会議」やら「検討」やら「行動」やらで分けていたのですがどうもしっくりこず。
他のサイトを色々と読んでみると、どうもこの項目は「どういう時にする」をポイントにわけるという意見が多かったので、私も再検討する事にしました。
(そもそも、「検討」なんてのがActionListに入ってる時点でGDTとしてかなりおかしいのですが)
というわけで、行動を起こす「時」を基準にして、現状のActionListとにらめっこしつつ、以下の通りわけてみました。
先頭の2桁の数字は、ソートの為です。

00.INBOX
11.会社PCが使える時
12.メールを送れる時
13.電話を掛けられる時
14.会社の机に居る時
18.外出できる時
19.相談する相手が居る時
20.家に居る時
30.通勤中
40.買い物できる時
70.到着待ち
80.連絡待ち
99.ごみ箱

こうする事によって、ActionListをレビューする時に「何時」「何を」「実行する」のかが明確なってきました。
これならいけそうです。
ちなみに、最初は「いつかやる/多分やる(Someday Maybe)」もこのContextに入れていたのですが、ActionListをレビューする時に毎回目につくのでD3の仕様通りタグに「someday」とするようにしました。
そもそもこのリストには週一レビュー時に見れば良いものしか入っていないはずなので。
※Contextに入れた方が、ステータスを変えるのは楽なんですけどね。
また、会議や外出など時間がきっかり決まっているが特にActionを必要としない物も最初はContextに入れていたのですが、これもActionListをレビュー 時に毎回目につき、邪魔なのでReminderのみに登録するようにしました。
タグは特につけなくても良いのですが、整理する事を考えて、「unfiled」をつけています。
ただ、その会議などの為に資料作成など、何かActionをする必要がある場合にはProjectとして扱い、以下の様な感じにしています。

[Project] 健康診断の受診

[Action] 診断表到着 [ 70.到着待ち ]

[Action] 診断表記入 [ 14.会社の机に居る時 ]

[Action] 健康診断受診 [ unfiled ]

一番下の、「健康診断受診 [unfiled]」の部分はContextを設定せず、Reminderのみ設定です。
こうする事によって、Actionの上位2つはActionListには載ってくるので忘れる事はありません。
そして、上記2つが終了すれば、ActionListからはこのProjectのActionは消えてReminderのみに存在する事になります。
こうする事によって、ActionListに本当に実行する必要があるActionのみ表示させる事ができ、精神的に結構楽です。
この結果はまた来週末レビューしたいと思います。

Getting Things Done(GTD)再挑戦

1年くらい前から話題になってましたが、Getting Things Done(略して、GTD)。
結構前からやってるのですが、イマイチしっくりくるツールが無くて、毎回徐々に崩壊してしまいます。
メインは仕事用なので、

PCローカルで使えるもの(セキュリティーの関係から、共用はNG)
軽い(Java等は辛い)
プロジェクト管理(PJの入れ子が出来る物が望ましい)
きちんと期限を切れるもの(マイルストーンを打つような管理が出来るとイイ)
GTD専用でなくてもよいが、レビューがしやすいもの(Action,PJが見渡しやすいもの)

を色々探しているのだが、なかなか良い物が見つからない。
RTMをローカルで動くようにしたクローンとかが理想なのだが、、、
色々試して、今はD3をしばらく使ってみようかと思っている。
【今まで試したもの】
Tiddly Wiki, GTD Style Wiki(Wiki系)
TaskPrize(アプリ系)
ActiveCollab, GTD-php